車買取タイガーの査定キャンセル

車買取タイガーの査定は無料出張査定です。さらに全国どこでも無料で出張査定と言いますから太っ腹ですよね。 More →

よく見えていた理由

買物へ行くため、車で移動中の信号待ちしていた時のこと。

何とはなしに周囲の車の様子を見ていたら、何でか分からないけれど妙に気になる、妙に目に留まる車が一台ありました。
一見して普通の黒の軽自動車。
運転手の男性は至って普通の感じの信号待ち。
普通の感じなのに、妙によく見えてしまうと思うのは何故なのか。

不思議だなあと思いながらよく見てみたら。
その車、リアガラスが割れて、なくなっていたのです。
窓枠の縁にギザギザのガラスが少し残っているような状態で、ほぼガラスがない状態でした。
中の男性がよく見えていた訳です。
フロントガラスは小石が飛んできたりすることもあるので、割れる可能性も考えられますが、リアガラスの方はなかなか割れそうにない気がしたので、とっても不思議な光景に見えました。

旦那にその話をしたところ、「車庫で雨が吹き込まなければ、気にならないんじゃないの? もしくはちょうど修理に行くところだったか」とのことでした。
いくら雨が吹き込まなければ問題ないとはいえ、虫も埃も入りたい放題の車を車庫に入れるのは嫌なんだけどなあ。
車を走らせていればジロジロ見られること間違いなしの状態なのだし。
これはきっと修理に行くところだったのだろうな。
きっとそうだ。
そうじゃないとあの車に乗る方が何だか可哀想な気がします。車下取りが安くて困る

デミオについて

じぶんは現在ですが、29歳の男性会社員をおこなっております。じぶんは先月にですが、はじめて車を購入させていただきました。それがこちらのデミオです。じぶんは元々は車などにはあまり興味がありませんでした。ですが、現在ではじぶんは結婚のほうをさせていただいております。

More →

テレビ番組中にプロポーズとは出来ますね

とあるテレビ番組に、出演した芸能人がプロポーズをしました。
とは言っても、生放送では無いので収録中での事です。
ですが結局、収録された番組は放送されるのだから、全国的にプロポーズをした事を知られるわけです。
ただ、私はこう言ったサプライズプロポーズを収録中に行われ、断られた場合はどうするのだろうか、とふと気になります。
元々が、そう言う合コンだとかお見合い企画であるならば、番組中に断られても仕方が無い事であり、そう言う企画に参加するのは決まって一般人です。
芸能人の場合は、イメージが大切です。
なので、断られた場合は、放送をしないのだろうかと思ってしまいました。
でも、収録する為に予定とか入れて場所取りをしたり、スタジオを借りたりとしているわけです。
なので、やはりプロポーズを断られた場合でも放送はするのかな、とも思うわけです。
と言う事で、いつも衆力中にプロポーズして、された側もプロポーズを快諾している事が不思議で私は仕方が無いのですが、おめでたい話であるので、これ以上の事は言いません。
とにかく、そう言ったテレビ番組を、私が度々見掛けていると言う話です。http://woosterbrush.net/

一括査定は車売却の王道に!

インターネットによる一括査定は、中古車の所有者とそれを購入する買取店を結ぶ画期的なサービスです。

しかも、乱立する買取店の中で、あなたの車の価値をより高く判断してくれる買取店を探してくれるということは、非常に価値のある便利なサービスと言えるでしょう。

More →

市場価値を知るべし

車買取を考えている人は中古車の市場というのがどういう仕組みで成り立っているのかということを知っていた方がいいでしょう。

というのも車の流れをしらないと、自分の車がどういう価値で、売ったらどこにいって、お金の流れはどうなのかということを知るとおのずと買取査定の価格がイメージしやすくなります。

まず買取業者に売った車というのは、たいていの場合すぐに中古車オークションに出されます。 More →

楽天オートの口コミについて

楽天オートの口コミを実際に見てみると、楽天会員になった時、メールなどで中古車査定できる楽天オートというサービスがあることを知りました。実際に利用してみると、査定の会社はそれほど多くなかったのですが、 More →

愛車を高く売るコツ

愛車を売るのであれば高く買い取りをしてもらうためにもコツを知っておくと有利だと言えます。そのコツにはいくつかのことが考えられます。一つはどうせ売るのであれば早いほうが得だということです。中古車は日に日に古くなっていくという感覚です。
More →

国の車検制度はソロソロ見直すべき・・?、

国の車検制度はソロソロ見直すべき・・?、

我が国の国産車は、世界で生産されている車に比べても、見劣りするところは全く無く、強いて言うなら最も優秀な車であるとも言われています。
特に、世界でも優秀とされる三大メーカーといわれるアメリカやドイツの車の場合と比較しても断然日本車が良いという評判があります。

日本車は部品の質を観てもエンジン部分や走行伝達性能、電子機器部分の性能ともトップクラスと言われていて、耐久レースでも見られるように、走行距離が10万kmを超えて走っても、全く故障はしないと言われます。 
従って、例えば、通常の走行は1年に1万kmといわれますが、だとすると10年間は致命的欠陥の発生や故障が無く走れるということにもなります。

良く聞かれますが、アメリカ人の知り合いが、”米国の車は走行中に、特に高速道路で故障することがあって困りものである。 その点、多くの米国人が日本の車を乗っているが、走行中に故障したということは、聞いたことが無い”、ともいわれます。

そこで、何時もその度に気になるのが、現行の車検制度なのですが、今のままの車検制度でドライバーは満足しているのでしょうか・・?、 通常の車検の時期は初期年度が3年、次からは5年目、7年目というふうに、2年毎にあります。 

その制度は、何やらカラクリがありそうで、ユ-ザ-側からしてみれば、メーカーは常に買い換えを促しているようでもあり、国としてはより多くの税収、より短い期間に、より多くの負担を得る為の、これらの制度とも陰口が言われているのです。
それでなくとも、車と言うモノは年間を通じて維持費が掛かるモノです。

国としても、もうソロソロ車の税制もそうですが、車検制度そのものを見直す時期に来ているような気もするのです。
車買取相場表について

中古車買い取りトラブルに注意しよう

中古車を売った場合に、買取トラブルが生じることもあります。 More →