スタッドレスタイヤの注意点

そろそろ寒い季節になってきますね。寒い季節になってくると雪が降るのが心配になります。私は毎日仕事で車を運転しているので、雪が降るのは結構怖いです。

いつ雪が降ってきてもいいように、私は11月ぐらいになると、必ずスタッドレスタイヤをつけることにしています。スタッドレスタイヤは、皆さんご存知だと思いますが、雪道で快適に走るために必要な機能を備えているタイヤで、滑りやすい路面でもタイヤは地面に食いつくことによってスリップしづらいんです。

しかし、気をつけなければならないのはタイヤの溝の深さです。通常のタイヤであれば、新品の溝の深さの、3分の1ぐらいまでは大丈夫なのですが、スタッドレスタイヤの場合は、新品のタイヤの溝の半分になると、もうスタッドレスタイヤとしての機能は無いも同然なんです。

スタッドレスタイヤをつけているからと安心してたかをくくっていると、スタッドレスタイヤの溝が少なくなっていることに気づかずに、非常にスリップしやすい状態で走っていることになります。普通のタイヤをつけている人であれば雪が降れば当然かなり慎重になりますから、かえってスタッドレスタイヤをつけているからと安心しちゃっている方がより危険なんじゃないでしょうか。
廃車 料金