相場よりも安い提示が常套手段

車の買取査定を受ける時に査定員と交渉することになります
しかし交渉とは名ばかりで、相手は査定のプロです。場数も沢山踏んできていますし
様々な人と交渉していきていますので素人が叶うわけはありません。圧倒的に不利と言っていいでしょう。

しかしそのような状況でも少しでも相手の出方を知っておけば言いくるめられる可能性は低くなってくるはずです。ここでは査定員がよく使う出方をご紹介します。
車の買取価格には相場というものがあります。もちろん売る時にも相場というものがあります。相場で買って相場で売るともちろん利益はでますが、あくまで相場でしかありません。相場以下で買い取って相場以上で売ることによって大きな利益になってきます。これは車に限らずどこでもそうですね。八百屋でも安く仕入れて高く売ると利益が伸びるのと同じです。
そして査定時に査定員の常套手段として相場のよりも敢えて安い金額を提示してくることがよくあります。これはオーナーがもっと高く買い取って欲しいと粘った時に備えて買取金額に余裕を持たせているのです。「仕方ないですね・・・」
と言って提示金額にプラスしてくれてもまだ相場以下なので利益がしっかり出るようになっています。

このように最初から相場よりも低い金額を提示してくる可能性は高いので、そこをしっかり頭に入れて交渉に臨むことは大切です

普通車 査定