廃車になる

今まで乗ってきた愛車が廃車になるというのは、やっぱりさみしいものです。
長い間、私のドライブに付き合ってくれて本当にありがとう。本来なら、それ相応の値段で売りたいと思っていたのですが、最後の最後にぶつけられてしまうとは・・・

暇さえあれば磨き上げていた車ですし、これまでに、後付で付けてきたパーツ類、もちろん、純正品ではないですがお気に入りのオーディオとナビゲーションシステム。それに、フロント、サイド、リアに付けた社外品のエアロパーツたち。いまさらながら、いったい幾らこの車にはお金をかけたのだろうと思うくらいです。
ただ、それが高いものだという認識はないですし、十分に楽しんできました。今回のようなアクシデントがなければ、数十万の価値を残していると思います。下取りで取ってもらうことも、それ以外に売却するとしてもきっと数十万円くらいの額にはなるだろうと思っていました。それが一転して廃車扱いとなってしまったのです。さすがにこれはきつい。
本当に悔やんでも悔やみきれない状況です。
ヴォクシー買取 横浜