増税前

軽自動車の2月の新車販売台数が、前年に次いで2番目に多かったと発表された。前年は消費増税前の駆け込み需要で、2月として過去最高だった。そして今年は、4月の軽自動車税の増税を控えて駆け込み需要も生まれているそうだ。

そんななか、メーカー側からは軽自動車だけが好調だと、優遇税制の見直しにつながりかねないとの懸念さえ出ている。2月の軽を含めた新車販売台数に占める、軽の割合は40%と高い。燃費も良くなって、税金が安いなど、維持費の安さから3割強が乗り換えの人なんだそう。定年退職後に、普通車から乗り換える人も増えている。また、地方での2台目需要も多いとか。主婦が買い物や子供の送り迎えに使うなら、軽自動車のほうがいいし。最近の軽は、室内空間も広く荷物もたくさん乗せられる。4月から、軽の税金が7200円から1万800円になる。買い替えを検討するなら、やはり3月中がお勧めということか。
車 廃車 費用