ローンが残っている車は売れる? 

車を購入する場合は、特に新車の場合は、最近ローンの契約期間が長くなって、ローンが完済しないうちに、壊れていまったり、新しい来る喪に買い替えたいというようなことが起こっています。義に変更されてしまうのを防ぐために、銀行などの販売店と関係無い所で個人的ローンを利用する場合は、本来販売店と関係ないことですが、所有者を販売店にするのがほとんどです。
これは、やはり、もし、返済が滞った場合の担保的考えからこのようなシステムが多いようです。

いずれにしても、ローン残債がある車を売却する場合は、一括清算しなければ、他人にその車を販売することはできません。
買取店によっては、ローンが残っていても、買取してくれる場合があります。
買取店が、残債ある車もOKとしているのは、買取店が一括返済の肩代わりをして、所有権解除=名義変更可能にするからです。
その際、査定が残債より高い場合問題ありません。
その逆の場合、残債-査定価格=差額を買取店でローンを組みなおすわけです。

ローンを組んで、一番怖いことは、残債が残っているのに、もし、事故などを起こして、車の価値が全くなくなってしまったっ場合は、次の車を買ったローンと全損下来るもの2つのローンを払わなければいけなくなりますから、
ローンの場合、自動車保険の車両保険は、万全に加入しておいて下さい(どんなに高くても)。
万が一、車が全損になった場合、車は無いのにローンのみ残るということは避けることができるからです。