車のカタログ燃費と実燃費の違いについて

車のホームページを見ていると、必ず記載されているJC08モード燃費。

このJC08モード燃費というのは、できるだけ実燃費との差が出ないように、定められた燃費を計測するためのルールのようなものです。

この数値を記載することは義務なので、どの車のホームページにも記載されています。

ただ、ホームページに記載されている燃費と実際に走った時の燃費は、まだまだ差があるのも事実です。

色々調べてみると、カタログ燃費と実燃費の違いはいずれの車種でもおおよそ3割違うという調査結果があります。

新車を購入する方は、カタログに記載されている燃費よりも、実燃費のほうが低くなるということはご存知だと思いますが、その計算方法としては、実燃費のほうが3割程度低くなる。

と思っていれば間違いはありません。

今はアイドリングストップなど、邪道とも思われる方法で燃料を節約しようと各メーカーも必死です。

長年お世話になる車です。いつまでのお財布に優しい車を選びたいものです。

ホンダ車ファン倶楽部