ローンが残っている自動車の売却は可能なのか?

自動車を購入する時にローンを組んでいる人というのは多いのではないかと思います。もしもローンが残っている場合には、自動車の所有者がディーラーになっている場合があります。

ローンが残っている場合には、自動車を売りたいと思った場合には、その自動車の所有車をディーラーから自分に変える必要があります。この為、大切になるのが残っているローンをすべて支払っておくと言った点です。

この為、ローンの残債をすべて自分で支払うというのが難しい場合には、買取業者を選択すると言った事が大切になります。具体的には、買取業者によっては、ローンの残債を対処してくれると言った業者もあるようです。

もしも、自動車の買取額がローンよりも高い場合には、ローンの残債の支払いを買取業者が行って、残りのお金が支払われると言ったケースがあります。また、もしも、買い取り額がローンよりも少ない場合には、ローンの返済を業者がしてくれた後に、足りない金額を買取業者に分割で支払っていくと言った方法をとることが出来るケースおあります。

このように色々と対応してもらえるケースもあるのでローンが残っていても買取業者に相談してみるのも良いかと思います。

マークXの値引き