若者の車・バイク離れ

少子化やその他が原因で、様々な「若者の◯◯離れ」と言われている昨今ですが、特に車・バイク離れは顕著に現れているようです。
平均年収が下がっているにもかかわらず、税金・駐車料金・保険料などの維持費が多くかかり、完全な贅沢品となってしまったようですね。
特に都市部でのバイク所有者は大幅に減り、趣味でバイクを所有している人のほとんどが50歳以上というデータも出ているようです。
確かに中型で50万から100万円、大型だと70万から400万もしますので、ある程度お金を溜め込んだ中高齢者しか、そうそう手が出ないのは分かります。
また、原付バイクでさえも10万から15万円しますし、都内なら電車のほうがダンゼン安上がりですので、若者にとっては魅力は薄れてしまうのでしょう。
さらに個人的な意見としては、ヘルメットで髪型が乱れるのがイヤというのも何気に大きな理由だと思っています。
どちらにせよ、一昔前には10代の若者に絶大の人気を誇っていたバイク。
16歳になったらすぐに免許を取りに行くのか当たり前だったのですが、時代は変わるものですね。