乗り心地の代名詞とも言えるサスペンションの話

車を選ぶ際には、様々な要素をじっくりと比較検討して購入を決めます。しかし、機械的な部分となると専門家でなければ中々難しい事が多く、話を聞いたとしても理解出来ないと言った事が多くあります。そこで、良く使われる単語についてまずは事前に知っておく事が必要となります。1つの単語の意味を知っておくだけで、話が頭の中に入り込みやすくなります。例えば、サスペンションと言う言葉をご存知でしょうか。車に詳しい人なら当たり前の基礎知識ですが、一般人の中での認知度は高い方とは言えません。これは、簡単に説明すると車の揺れや衝撃を和らげるための緩衝材・緩衝装置です。主にバネのようなものと、特殊機器の組み合わせによって出来ており、そのバネの働きを利用して衝撃を緩和させています。これが付いていないと、途端に揺れが激しくなり、走行の安定しないガタガタとした乗り心地の車になってしまいます。逆にこの性能が高いと、どんなに大きな車でも揺れを感じることなく快適な走りを実現させる事が出来ます。よくトラックやケートラに乗っていてガタガタとした走りを感じるシーンがありますが、ああした業務用の車は乗り心地がそこまで考えられて作られているわけではないためサスペンションが弱い傾向にあるのです。逆に言うと、現代で使用されているほとんどの車は乗り心地を考慮してサスペンションの機能が充実しています。このサスペンションがどれ程働くのかと言った事は乗り心地を左右しますから、車選びの際には思いだしてみて下さい。

車 売りたい 見積もり