ローンの残債がある場合の中古車買取査定

ローンの残債がある場合の中古車買取査定は、可能です。ローンの残債がある場合は、様々な方法で、中古車買取は可能になります。その方法は色々あります。ローン残債を支払って所有権留保解除手続きをしたり、買取店に売って売却額をローンに当てる方法。

また、買取店に売って売却額をローンに当て、足りない分を現金で支払うという方法もあります。差額のローンを新たに組み直したり、新車のローンに上乗せするという形でも対応できます。査定額よりローン残債の方が大きくなる場合、買取店に差額を支払うことで、スムーズにローンの残債がある場合でも査定に応じてくれます。買取店は、ローン残債を車の所有者であるディーラーや信販会社に支払うことで、所有権解除ができます。所有権解除できれば、売ることができます。手続き代行手数料がかかることもあるのですが、ローンの途中でも車を売ることは可能です。下取りに出す時で車のローンが残っている場合、新たに買う車のローンに上乗せするという方法もあります。しかし中古車買取店に売るだけの場合は、ローンの残りを支払って所有権留保解除した後に売るというのが普通です。レクサスCTの買取相場はこちら