車の売却で下取りと買取の違いとは

車を売却する方法として、下取りと買取という二つの方法があります。とても似ているこの二つの方法ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

実はこの二つには大きな違いがあります。下取りというのは、新しく何かを購入するときに、今まで使っていたものを代金の一部として提供するものになります。

車の場合には買い替えの際に新しい車の代金の一部として、今まで乗っていた車を売却し購入費用に充てることになります。そのため、下取りをする時の大前提として新しく車を購入する必要があります。下取りは車を購入する業者を相手としたとき以外には行うことが出来ません。

一方で買取りは、新しく何かを購入するという前提がなくても売却をすることが可能です。車の買取の場合には、買取を行っている複数の業者に対して買取査定をしてもらい、少しでも高い査定をだしてくれる業者を選んで買取契約をすることが可能になります。

また、買取をしてもらったときに発生する売却代金については、現金で手に入れることが出来るという違いもあります。買い替え時以外にも、不要になった車の処分にも買取はりようすることができるものになります。このような違いが下取りと買取にはあります。