私の自動車を査定してもらいました

車の買換えを検討していたので、新車を購入するお店では下取り査定を、さらにいくつかの車買取店には買取査定をしてもらうことにしました。ではどうして下取り査定と買取査定の両方をしてみたのかということについて説明をしていきます。

車の下取りと買取とでは、実はその査定金額に大きな差があると聞きました。確かにメーカーのディーラーの下取りは、車の値引き額などと合わせて提示されるために、はっきりといくらなのかという点を見逃しやすく、割とディーラーの言い値で下取りをされてしまうようなイメージがあります。

一方で、車買取店では買取だけをするために、車の査定額がはっきりとわかり、場合によっては交渉によってもう少し高値にしてもらうこともできる可能性がある。と考えられます。実際に査定を受けてみると、確かに下取り査定に比べると、買取店の買取査定の方が高いという結果になりました。

さらに、買取店によって、査定金額には差が出てきていました。車の買取店にもいろいろな種類があり、種類によって実は大きく買取価格に差が出るということです。自部の車がどのような車なのか、という点をしっかりと理解しておくと、どの買取店で査定をしてもらえばよいのかが分かってきます。