なるべく高値で売却するには?

自分がこれまで乗っていた車を売ることになったら、誰でも極力高い金額で売却できれば、と思うものでしょう。
更には、楽しい思い出がいろいろあるような車だったら、そうした思い入れが強くなるのではないでしょうか?

More →

今欲しいなと思う車について

私が好きな車は小回りの利く軽自動車です。以前乗っていたスズキのアルトはそんな私にピッタリで買い物以外でも
ストレス解消がてら仕事帰りによくドライブへ出かけました。現在は日本にいない為車を持ってはいないのですが、
日本に帰国次第また軽自動車が欲しいなと思っています。今気になっているのがスズキのラパンです。

More →

査定するなら一括査定

中古車を高く売るコツは一括査定の活用です。

一括査定はインターネットから簡単に申し込むことができます。

一回の申込みで10社前後の査定が受けられます。 More →

廃車になる

今まで乗ってきた愛車が廃車になるというのは、やっぱりさみしいものです。
長い間、私のドライブに付き合ってくれて本当にありがとう。本来なら、それ相応の値段で売りたいと思っていたのですが、最後の最後にぶつけられてしまうとは・・・
More →

マツダの車

ついに告白しますが、私はこれまでトヨタ車と、ホンダ車以外の車を購入したことがありませんでした。それが、今回初めてなのですが、マツダの車を買うことになったのです。もともと、トヨタの車が好きだとか、いわゆるホンダ党であるとかではなく、その時々で気になっていた車を購入してきただけです。ということは、私が車を買うタイミングで、これがいいな、これが欲しいなと思うのがこの2社のものだったということだけなのです。
More →

車購入時の下取りと買取

新車にしろ、中古車にしろ新しい車を購入するときに判断を迫られるのが下取りか中古車屋への買取ですね。

新車とかディーラーに行くと新しい車の購入価格の値引きの延長で下取り額を、「これでとってあげるよ」的な物言いで
値引き交渉に応じてきますが、どうです?みなさん、ここで提案される下取り価格って以上に安くないですか?
車についている備品、装備だけでもバラでうったら結構な価格になるものがついているのに、そういう部分は結構無視され
て低価格提示ですね。

More →

車の走りに不満

流石に古くなってきた車というのは、新車のころのような走りは期待できないのでしょうか。
購入した当初は、ちょっとアクセルを踏むと元気に走り出してくれたのに、最近ではどうも反応が悪くなっている気がしてなりません。別に信号待ちから勢いよく飛び出していきたいというわけではないのですが、ちょっとアクセルを踏んでも全く走り出さないのが気になっています。
More →

車の下取りはキャンセルできる?

ディーラーに車の下取りを依頼した後、車の下取りはキャンセルできる?キャンセルは可能です。
キャンセル可能な時期というのがあるので、必ずキャンセルできるというわけではありませんが、キャンセルは可能です。
下取りの契約を交わしてからの経過時間や、車をディーラーに引き渡した後かなどで、キャンセルができなかったり、違約金つまりキャンセル料が取られる場合があります。
車の下取りを依頼したということは、新車購入をするわけですが、下取りだけキャンセルするのか、新車購入と下取りのどちらもキャンセルするのかによっても違ってきます。
下取りの契約後のキャンセルは、キャンセル料を取られることが多いでしょう。
新車購入だけして下取りはキャンセルする場合は、一般的には新車を購入の際の割引などがなくなってしまいます。
下取りでの値下げ分がなくなるので、当たり前といえば当たり前のことですが。。。 More →

ランボルニーギのカウンタック

イタリアの一番のスーパーカーと言っても過言ではないランボルニーギのカウンタック。

排気量は4.0L・5.2Lのモンスターエンジンを搭載。ドアはガルウィング仕様。正式に言うとちょっと違いますが・・・。

ハイパワーのターボ無しで400馬力。デザインテーマはプロペラのねじれだそうです。

どうしてこのようなデザインテーマになったんでしょうね。出来た物をみても全然、そのデザインテーマが想像出来ないですけどね。

内装のシートは全て本革を仕様。高級感が出ております。世界最速を目指して設計されたスーパーカー。

狙いは300km/hでしたが実際は300km/hまでは出ずに販売されておりました。また、初代のカウンタックは空気の流れの設計が旨くできていなく、フロントの下から吸気された空気がリアの上方へ流れるため速度を上げるとリアタイヤのグリップ力が低下してしまう。

この低下を防止するためにオプションにてリアウィングを出したのだが、このリアウィングが強すぎて今度はフロントタイヤのグリップ力が低下してしまう結果だった。

事故した車はここで

転居するマンションに駐車場が無い

東京への転勤が決まり、転居先が決まったのですが、転居するマンションに駐車場が無いので仕方がなく愛車を手放す決心をしました。もう50歳を過ぎているので、車はあまり必要としていないのですが、それでも売るからにはなるべく高い金額で売りたいと思って、 More →